手術(白内障・網膜硝子体・その他)

日帰り:白内障手術、網膜硝子体手術 

 手術は副院長の二宮欣彦医師が担当しています。行岡病院の眼科部長(現職)でもある欣彦医師は、年間約1200~1300眼(通算で2万5千眼以上)の白内障手術に携わっており、難易度の高い白内障手術、多焦点眼内レンズやトーリック眼内レンズを用いたプレミアム白内障手術(先進医療認定施設)、眼内レンズ逢着術、また眼底出血など眼底疾患と白内障の同時手術も数多く手掛けています。故やしきたかじんさんの白内障手術も、欣彦医師が担当致しました。さゆり医師は麻酔科標榜医の資格があり、術中の身体変化に対応しております。

その他の外来手術

  • 抗VEGF薬の硝子体腔内注射(加齢性黄斑変性症、糖尿病性黄斑症、網膜静脈分枝閉塞症などに対し)
  • 網膜光凝固術(網膜裂孔、糖尿病網膜症など)
  • YAGレーザー(後発白内障など)
  • 虹彩切開術(閉塞隅角緑内障、急性緑内障発作など)
  • 結膜弛緩症手術(流涙症に対し)
  • 翼状片手術
  • 霰粒腫切開
  • その他