近視進行抑制治療

近視人口は危機的に増えている!

 これは2015年にNatureという有名な医学雑誌に掲載された論文に添えられた写真です。中国で撮られたと思われる若い男性の集団。でも、、、何か違和感を感じないでしょうか?

 そう、見渡す限り、メガネ!メガネ!メガネ!

(写真をクリックすると論文サイトにジャンプします)

 近視の人口はアジアを中心に急激に増加しており、この勢いが続くと2050年には世界人口の50%が近視になると予測されています。既に東アジアの若い世代においては、20歳の時点で90%が近視という報告もあります

 近視の度数が強くなればなるほど、緑内障、網膜剥離、網脈絡膜萎縮、近視性黄斑症など、視機能にとって重篤な障害を及ぼす疾患を起す確率が高くなっていきます。

 中国、台湾、シンガポールをはじめとするアジアの国々では国を挙げて子供たちの近視進行抑制政策を開始しています。日本の近視人口も同様で急速に増加していますが、残念なことに近年になるまで近視は遺伝要因だから、親が近視なら子供も近視になるのは仕方ないと、あまり積極的な対策はされてきませんでした。他国に比べると危機意識が足りない状態が続いています。
 人類がたった数十年のうちに急速に近視化しているという事実に、私たちに近視という"疾患"への認識の修正を迫られています。しかし同時に治療の可能性も見出し始めています。つまり、近視の進行においては環境要因が強く影響を及ぼしているということです。環境要因が何かを探し出し、それをコントロールできれば、近視進行も抑制可能という希望が見えてきている訳です。

 
 伊丹中央眼科で最新の知見に基づき、学童近視に対して”現時点で臨床的に可能な限りを尽くした”近視進行抑制治療を行っています。年齢、近視の度数、子供自身や保護者の方のキャラクターなどを考慮し、眼科医の社会的責務として(収益は度外視?!💦)、未来を担う子供たちへ最適な近視抑制方法をお伝えしております。なるべく若年のうちに近視進行治療を始めることで最終的な近視度数を抑え、大人なった時に起こり得る、近視による重篤な疾患予防につながるからです。近視進行抑制治療は開始時期が最も大事で、理想的には小学校低学年から始めることをお勧めします。近視の進行(≒眼軸長の伸び)は身長の伸びと相関していて、女子は中学生、男子は高校生あたりまで続きます。近視抑制治療は、少なくともこの時期まで貫徹することが大切です。

 近視進行抑制の目標は、現時点の近視の度数が進むのを抑制することです。そして出来れは、近視による重篤な疾患を避ける為に度数を-5D(D:ディオプターは近視の単位)以内に抑えることです

近視治療の流れについて(完全予約制)

  •  近視進行抑制治療は若年で開始するほど効果的です。第一選択はオルソケラトロジーと低濃度アトロピン点眼の組み合わせですが、既に近視の度数が強くなってしまっている場合は適応外となってしまいます。そのような場合には、あるデザインの低加入の使い捨てソフトコンタクトレンズと低濃度アトロピン点眼の組み合わを提案致します。また、どうしても目にものを入れるのは無理!という場合は仕方がないので、コンタクトレンズが装用出来るようになるまで、二重焦点眼鏡(遠用と近用部分がハッキリ分かれているタイプの遠近両用眼鏡)を用います。

     近視抑制治療は完全予約制です。ご希望の方は、まず通常に初診して頂き近視の度数などを調べます。再診からは予約制で、データを元に治療を始めます。

院長 講演・著書の紹介(※業績の項もご参照下さい)

  • 眼科医向け教科書:近視進行予防のサイエンス
     → ブログ
  • 2019アジア メディカルコンタクトレンズセミナー@横浜 (2019.1.20)
    片眼オルソケラトロジー症例が示す、近視進行抑制治療のヒント 
     → ブログ
  • 第3回近視研究会学術集会@慶応大・三田キャンパス (2018.11.18)
    メガネ・コンタクトレンズによる近視進行コントロール
     → ブログ
  • 第二回αコーポレーション オルソKセミナー@大阪リーガロイヤルホテル (2018.11.11)
    症例が示唆する、オルソケラトロジーと低濃度アトロピン点眼併用療法の近視進行抑制効果
     → ブログ
  • 2018年 臨床眼科学会@東京国際フォーラム (2018.10.11)
    インストラクションコース 近視治療トータルコーディネート~メカニズム研究から進行抑制、外科的治療まで
    「メガネ・コンタクトレンズによる近視進行抑制」
     → ブログ
  • 老視に対する多焦点コンタクトレンズ処方 IOL&RS 2019年二宮さゆり 特集:遠近両用CLの基礎と応用 老視対策から近視抑制まで 4.遠近両用CLによる近視抑制 眼科グラフィック 2018年 第7巻 9号 P566-574
  • 特集:遠近両用CLの基礎と応用 老視対策から近視抑制まで 4.遠近両用CLによる近視抑制 眼科グラフィック 2018年 第7巻 9号 P566-574二宮さゆり 特集:近視の進行をコントロールする3.眼鏡、コンタクトレンズによる介入眼科 2017年第59巻 9号 P873-880
  • Vision China 2018 (2018年7月27日 北京: Beijing Yanqi Lake International Convention & Exhibition Center)
    Contact Lens Session Ⅱ: New Clinical Opinions of Contact Lens
    "The case study to inquire about the effectiveness of the optical and pharmacological combination therapy for myopia prevention."
     → ブログ
  • Refractive Surgery Upsate Seminar 2018 in Kyoto (2018年7月21日 メルパルク京都)
    第二部 シンポジウム「屈折矯正ダイバーシティー」
    1. コンタクトがベスト
  • 2018年第33回JSCRS (2018年7月1日 東京国際フォーラム)プラクティス:近視進行抑制アップデート「眼鏡・点眼」
  • フォーサム東京2016
    シンポジウム
    近視抑制は可能か?-近視抑制の現在と未来-
    オーガナイザー: 坪田 一男(慶應大) 大野 京子(医科歯科大)
    「多焦点コンタクトレンズを用いた近視抑制治療の臨床的可能性」
  • CL診療に必要な基礎知・第37回適応と選択・近視・遠視編日本コンタクトレンズ学会誌 2016年第58巻 第2号 P 97-101
  • CL診療に必要な基礎知・第37回適応と選択・近視・遠視編日本コンタクトレンズ学会誌 2016年第58巻 第2号 P 97-101
  • 第29回JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)学術総会(福岡、平成26年7月11日)
    シンポジウム:多焦点コンタクトレンズ
  • 多焦点コンタクトレンズの近視抑制「あたらしい眼科」'15 臨時増刊号32(臨増):236-239, 2015
  • 第49回日本眼光学学会(京都 2013年9月7日)
    シンポジウム:近視進行予防のストラテジー コンタクトレンズvs眼鏡
    低加入度ソフトコンタクトレンズによる近視進行抑制
  • 第66回日本臨床眼科学会(平成24年10月28日、京都)
    モーニングセミナー17
    近視進行抑制は可能か?
  • CLによる近視進行防止「Monthly Book Oculista」 No.4 2013年7月号 (p 67-74)再考!近視メカニズム―実臨床のために―不二門 尚/編2013年

 


2019アジアメディカルコンタクトレンズセミナー

第3回近視研究会学術集会