学会発表・論文など

業績

学会発表・論文など

*5年以上前のものなど、一部割愛しています。

 

論文・著書

 

二宮さゆり、前田直之、辻川 元一、杉本 麗子、原 吉幸
角膜放射状切開(RK)術後の白内障手術施行例
「臨床眼科」51巻13号 P1933-1938, 1997年12月

 

二宮さゆり,前田直之
Hartmann-Shackセンサーの臨床応用
「あたらしい眼科」18:1357-1361,2001.(総説)

 

二宮欣彦、張野正誉、久保田享、岩橋佳子、井口直己、内堀恭孝
網膜動脈瘤が多発した網膜毛細血管拡張症の1例
眼紀53:690-694,2002

 

二宮さゆり
特集 角膜形状解析の基礎と臨床・プラチド型装置
「眼科診療プラクティス」89巻 2002年 

 

二宮さゆり
角膜形状解析(カラーコードマップの読み方)
「角膜トポグラファーと波面センサー」
メジカルビュー 2002年10月

 

二宮欣彦、張野正誉:
フルオレセイン蛍光眼底造影検査の実際と読み方.
網膜外来、48-54、メジカルビュー社、2002

 

二宮欣彦、張野正誉:
インドシアニングリーン蛍光眼底造影検査の実際と読み方.
網膜外来、55-61、メジカルビュー社、2002

 

 

二宮欣彦
第36回 臨床写真スタジオ 左右差のある糖尿病網膜症
眼紀54:1-2,2003

 

二宮さゆり、前田直之
眼内レンズセミナー・円錐水晶体
「あたらしい眼科」2003年

 

二宮さゆり
波面収差解析
「EYE」協和企画出版 2003年

 

二宮さゆり
遠視・老視
「家庭医学大全」 法研 2003年

 

二宮さゆり
コントラスト感度と干渉縞視力
「眼科診療プラクティス」文光堂 2004年

 

二宮欣彦:波面収差解析.
眼科診療検査ガイド、175-180、文光堂、2004

 

二宮さゆり
日眼の宿題報告(筑波大:大鹿哲郎先生)をより理解するために
不正乱視の検出と視機能の評価
「日本の眼科」2004年

 

二宮欣彦、前田直之
眼科における最新医工学 T.診断機器への応用 波面収差解析
臨眼59:70-75,2005

 

二宮さゆり
波面センサーによる眼球の波面収差測定と網膜像推定
「日本医用画像工学会誌」
(Japanese Society of Medical Imaging Technology)
2005年

 

二宮さゆり
連載エッセイ やさしい目で・きびしい目で
ママ眼科医として(1)働ける幸せ
「臨床眼科」2005年 5月

 

二宮さゆり
連載エッセイ やさしい目で・きびしい目で
ママ眼科医として(2)ママ大学院生として
「臨床眼科」2005年 6月

 

二宮さゆり
連載エッセイ やさしい目で・きびしい目で
ママ眼科医として(3)おばちゃんは楽しい
「臨床眼科」2005年 7月

 

二宮さゆり
眼科臨床に必要な解剖生理・収差
「眼科診療プラクティス」6巻 文光堂 2005年11月

 

二宮欣彦:網膜硝子体手術と屈折矯正.
眼科プラクティス 屈折矯正完全版、180-183、文光堂、2006

 

 

二宮欣彦、竹原敦子、志賀早苗
Viscoadaptive粘弾性物質と角膜サイドポートを用いた
脱臼眼内レンズの眼内リサイクル
臨眼60:719-723,2006

 

二宮欣彦
眼内レンズの選択のための角膜形状解析
視覚の科学29:137-133,2008

 

二宮欣彦:IOL術後 患者は見えにくい…でもきれいな手術なのに.
眼科診療のスキルアップ 白内障・小児・ぶどう膜炎編、69-72、
メジカルビュー社、2009

 

二宮欣彦:角膜と眼の光学特性(収差など).
眼科プラクティス 眼のバイオメトリー、277-284、
文光堂、2009

 

二宮欣彦: 屈折検査 不正乱視の検出.
専門医のための眼科診療クオリファイ 
1.屈折異常と眼鏡矯正、35-41、
中山書店、2010

 

二宮欣彦、前田直之
新しい時代の白内障手術 
U.満足度の高い眼内レンズ度数決定 
新しい時代 の眼内レンズ度数決定
臨眼64:76-80,2010

 

二宮欣彦、前田直之
新しい時代の白内障手術 
V.高機能眼内レンズ 新しい時代の眼内レンズの選択法
臨眼64:142-146,2010

 

二宮欣彦
波面収差解析装置
臨眼65:103-108,2011

 

二宮欣彦
V 屈折矯正手術(眼内レンズ編) 
C.水晶体摘出後の眼内レンズ―3.トーリック眼 内レンズ c.術後検査と成績
新しい眼科28(臨増):259-261,2011

 

第114回 日本眼科学会総会 評議員会指名講演V 
眼画像診断の進歩 治療法選択のための新しい前眼部画像診断法
前田直之、西田宏二、湖崎 亮、二宮欣彦ほか
日眼会誌115:297-323,2011

 

二宮欣彦:IOLの位置と屈折.
新ES NOW No.7 屈折矯正を考えた眼内レンズ手術
より良い裸眼視力を目指して.
山本哲也・江口秀一郎・ビッセン宮島弘子・門之園一明編、46-55、
メジカルビュー社、2011

 

二宮欣彦:不正乱視の検出
専門医のための眼科診療クオリファイ 
1.屈折異常と眼鏡矯正.大鹿哲郎・大橋裕一編、35-41、中山書店、2011

 

二宮欣彦:Y.眼内レンズ 7.トーリック眼内レンズ
眼手術学 5.白内障、296-303、文光堂、2012

 

トーリック眼内レンズによる乱視矯正効果のベクトル解析
二宮欣彦、小島啓尚、前田直之
臨眼66:1147-1152,2012

 

高機能眼内レンズの適応選択
二宮欣彦
眼科手術26:14-19,2013

 

オートケラトメーターの再現性およびピッチの違いがトーリック眼内レンズの適応や
乱視矯正効果などに及ぼす影響のシミュレーション
二宮欣彦、金沢弥生、小島啓尚、前田直之
日眼会誌117:621-628,2013

 

波面センサーとオートケラトメーターの角膜乱視の比較
二宮欣彦、金沢弥生、小島啓尚、前田直之
臨眼67:1673-1678,2013

 

二宮さゆり
CLによる近視進行防止
「Monthly Book Oculista」 
No.4 2013年7月号 (p 67-74)
再考!近視メカニズム―実臨床のために―
不二門 尚/編
2013年

 

二宮さゆり・不二門 尚
コンタクトレンズによる近視予防の可能性
「眼科」
Vol.56 No.3 2014年 (p 387-396)
特集:コンタクトレンズアップデート
2014年

 

二宮欣彦、小島啓尚
眼内レンズ強膜内固定術にみられた術後合併症
臨眼68:707-711,2014

 

二宮欣彦
トーリックIOL術前の画像診断
専門医のための眼科診療クオリファイ
24.前眼部の画像診断.大鹿哲郎・大橋裕一総編集、前田直之編、362-373、
中山書店、2014

 

二宮欣彦
トーリックIOLの軸ずれは、どのように対応したらよいのですか?
専門医のための眼科診療クオリファイ
前眼部の画像診断.大鹿哲郎・大橋裕一総編集、前田直之編、374-376、
中山書店、2014

 

二宮欣彦:第4章 プレミアム白内障手術、T トーリック眼内レンズ
〈眼科臨床エキスパートシリーズ〉 知っておきたい屈折矯正手術.
吉村長久・後藤浩・谷原秀信・天野史郎総編集、前田直之・天野史郎編、214-236、医学書院、2014

 

二宮欣彦:V 波面収差解析を知る 装置別測定法 KR-1W
前眼部画像診断 A to Z
OCT・角膜形状・波面収差の読み方
前田直之・大鹿哲郎・不二門尚編、264-269、メジカルビュー社、2016

 

二宮欣彦:V 波面収差解析を知る 対象別結果の読み方 水晶体 偽水晶体眼(トーリック)
前眼部画像診断 A to Z
OCT・角膜形状・波面収差の読み方
前田直之・大鹿哲郎・不二門尚編、46-55、メジカルビュー社、2016

 

二宮さゆり
多焦点コンタクトレンズの近視抑制
「あたらしい眼科」'15 臨時増刊号
32(臨増):236-239, 2015

 

二宮欣彦
眼鏡処方をするうえで、波面センサーが役立つ場合
「あたらしい眼科」'15 臨時増刊号
32(臨増):30-34, 2015

 

倒乱視に対する強矯正ト―リック眼内レンズの効果
渡辺真矢、二宮欣彦
眼科手術29:145-148,2016

 

【臨床セミナー】眼内レンズの選択の現状−球面・非球面眼内レンズの選択、トーリック眼内レンズにおける角膜後面乱視など−
二宮欣彦

 

IOL&RS 30:103-106,Toric intraocular lenses in eyes with with-the-rule, against-the-rule, and oblique astigmatism: One-year results.
Ninomiya Y, Minami K, Miyata K, Eguchi S, Sato R, Okamoto F, Oshika T.
J Cataract Refract Surg. 2016 Oct;42(10):1431?1440

 

【特集】手術顕微鏡アップデート.ツァイス社眼科手術用顕微鏡 OPMI Lumera 700
二宮欣彦
IOL&RS 30:510-514,2016

 

【眼科医の手引き<886>】高機能眼内レンズの適応選択
二宮欣彦
日本の眼科 88(4):467-468,2017

 

トーリック眼内レンズの軸ずれの屈折への影響
二宮欣彦、稲村幹夫、猪飼央子、村口弥生、前田直之
臨床眼科 71(7):1063-1070,2017

 

二宮さゆり
こどもの近視進行予防
”コンタクトレンズによる予防”
メディカ出版
「眼科グラフィック」第5巻(2月号) p165-169, 2016

 

二宮さゆり
「前眼部画像診断AtoZ : 解読のポイント」
V章 波面収差解析を知る
A調節異常
p314-317
メジカルビュー社 2016年

 

二宮さゆり
「球面および非球面コンタクトレンズ装用時の高次収差と視機能」
日本コンタクトレンズ学会誌 2015年
第57巻 第4号 P255-260

 

二宮さゆり
CL診療に必要な基礎知・第37回
適応と選択・近視・遠視編
日本コンタクトレンズ学会誌 2016年
第58巻 第2号 P 97-101

 

眼内レンズ強膜内固定術と白内障手術を必要とした統合失調症患者の一例
渕端 睦、二宮欣彦
IOL&RS 31: 434-439, 2017

 

二宮さゆり
特集:近視の進行をコントロールする
3.眼鏡、コンタクトレンズによる介入
眼科 2017年
第59巻 9号 P873-880

 

 

 

 

 

Retinotomy and foveal translocation for surgical management of subfoveal choroidal neovascular membranes.
Ninomiya Y, Lewis JM, Hasegawa T, Tano Y.
Am J Ophthalmol. 1996 Nov;122(5):613-21

 

Short-term study of allogeneic retinal pigment epithelium transplants onto debrided Bruch's membrane.
Wang H, Leonard DS, Castellarin AA, Tsukahara I, Ninomiya Y, Yagi F, Cheewatrakoolpong N, Sugino IK, Zarbin MA.Invest Ophthalmol Vis Sci 2001 Nov;42(12):2990-9

 

Ninomiya S, Fujikado T, Kuroda T, Maeda N, Tano Y,
Oshika T, Hirohara Y, Mihashi T.
Changes of ocular aberration with accommodation.
Am J Ophthalmol. 2002 Dec;134(6):924-6.

 

Ninomiya S, Maeda N, Kuroda T, Saito T, Fujikado T,
Tano Y, Hirohara Y, Mihashi T.
Evaluation of lenticular irregular astigmatism
using wavefront analysis inpatients with lenticonus.
Arch Ophthalmol. 2002 Oct;120(10):1388-93.

 

Kuroda T, Fujikado T, Ninomiya S, Maeda N, Hirohara Y, Mihashi T.
Effect of aging on ocular light scatter and higher order aberrations.
J Refract Surg. 2002 Sep-Oct;18(5):S598-602.

 

Tsukahara I, Ninomiya S, Castellarin A, Yagi F, Sugino IK, Zarbin MA. Related Articles, Links Early attachment of uncultured retinal pigment epithelium from aged donors onto Bruch's membrane explants.
Exp Eye Res. 2002 Feb;74(2):255-66.

 

Retinal pigment epithelium wound healing in human Bruch's membrane explants.
Wang H, Ninomiya Y, Sugino IK, Zarbin MA.
Invest Ophthalmol Vis Sci 2003 May;44(5):2199-210.

 

Ninomiya S, Fujikado T, Kuroda T, Maeda N,
Tano Y, Hirohara Y, Mihashi T.
Wavefront analysis in eyes with accommodative spasm.
Am J Ophthalmol. 2003 Dec;136(6):1161-3.

 

Ninomiya S, Maeda N, Kuroda T, Fujikado T, Tano Y.
Comparison of ocular higher-order aberrations and visual performance betweenphotorefractive keratectomy and
laser in situ keratomileusis for myopia.
Semin Ophthalmol. 2003 Mar;18(1):29-34.

 

Fujikado T, Kuroda T, Ninomiya S, Maeda N, Tano Y, Oshika T, Hirohara Y,
Mihashi T.
Age-related changes in ocular and corneal aberrations.
Am J Ophthalmol. 2004 Jul;138(1):143-6.

 

Fujikado T, Kuroda T, Maeda N, Ninomiya S, Goto H, Tano Y, Oshika T,
Hirohara Y, Mihashi T.
Light scattering and optical aberrations as
objective parameters to predict
visual deterioration in eyes with cataracts.
J Cataract Refract Surg. 2004 Jun;30(6):1198-208.

 

新聞

 

1. 二宮欣彦:飛蚊症.
毎日新聞朝刊コラム「健康あらかると」、2004年2月28日

 

2. 二宮欣彦:白内障.
毎日新聞朝刊、2004年10月9日

 

3. 二宮欣彦:白内障といわれたら.
毎日新聞朝刊、2009年9月20日

 

4.二宮欣彦:白内障 老眼をも克服可能に
毎日新聞朝刊、2012年9月30日

 

4.二宮欣彦:加齢性黄斑変性症
毎日新聞朝刊、2015年12月20日

 

テレビ出演

 

1.二宮欣彦:「たかじんドクターズ〜そこまで病んで委員会 」
よみうりTV、2006年12月24日放映

 

2.二宮欣彦:「たかじんドクターズ2007、そこまで病んで委員会」
よみうりTV、2007年12月30日放映

 

表彰・奨励金

 

1.二宮欣彦:Foundation Fighting Blindness Grant (USA, 2000)

 

学会発表

 

第37回日本眼光学学会 第16回眼科ME学会合同学会総会
(名古屋 2001年9月8〜9日)
黒田輝仁,不二門尚,前田直之,二宮さゆり,広原陽子,三橋俊文
波面センサーによる白内障の散乱の定量について

 

第55回日本臨床眼科学会 
(京都 2001年10月11〜14日)
二宮さゆり,前田直之,黒田輝人,不二門尚,田野保雄,広原陽子,三橋俊文:
波面センサーを用いて高次収差を解析した円錐水晶体の1症例

 

第326回 大阪眼科集談会
(大阪 2002年2月2日)
大川賀孝,不二門尚,黒田輝仁,後藤浩也,
二宮さゆり,前田直之,田野保雄
眼内レンズの高次収差に及ぼす影響

 

2002ARVO Annual Meeting
(Fort Lauderdale. May 5-10)
Kuroda T., Fujikado T., Maeda N., Ninomiya S.,
Tano Y., Hirohara Y., Mihashi T.
The Effect of Scattering and Higher-order Aberrations on Contrast Sensitivity in Eyes with Cataract

 

第106回日本眼科学会
(仙台 2002年5月23日〜26日)
大川賀孝,不二門尚,黒田輝仁,二宮さゆり,前田直之,田野保雄,大鹿哲朗
眼内レンズの傾斜・偏心が高次収差に及ぼす影響

 

第106回日本眼科学会
(仙台 2002年5月23日〜26日)
黒田輝仁,不二門尚,前田直之,二宮さゆり,田野保雄,
白内障の高次収差と散乱と対比感度の関係

 

第106回日本眼科学会
(仙台 2002年5月23日〜26日)
後藤浩也,前田直之,黒田輝仁,二宮さゆり,
西田幸二,渡辺 仁,田野保雄,不二門尚 池田欣史,林 仁
薄暮時視力に対する高次波面収差の影響

 

第106回日本眼科学会
(仙台 2002年5月23日〜26日)
二宮さゆり,不二門尚,黒田輝仁,前田直之,後藤浩也,田野保雄
調節による高次収差の変化

 

第106回日本眼科学会
(仙台 2002年5月23日〜26日
広原陽子, 二宮さゆり,黒田輝仁,前田直之,不二門尚
波面センサーによる、動的な調節に伴う波面収差の測定

 

第1回 IT研究会
(仙台 2002年5月23日)
二宮さゆり,不二門尚,前田直之
近見調節時と類似の波面収差パターンを示した調節痙攣症例

 

第45回日本コンタクトレンズ学会
(松山 2002年7月6〜7日)
前田直之,黒田輝仁,二宮さゆり,不二門尚,他
コンタクトレンズの度数が高次波面収差に及ぼす影響

 

第38回日本眼光学学会 第17回眼科ME学会合同学会総会
(浜松 2002年9月14日〜15日)
黒田輝仁,不二門尚,前田直之,二宮さゆり,田野保雄,他
円錐角膜の高次収差と対比感度の関係

 

第38回日本眼光学学会 第17回眼科ME学会合同学会総会
(浜松 2002年9月14日〜15日)
黒田輝仁,二宮さゆり,前田直之,不二門尚
遠近両用RGPコンタクトレンズ装用時の高次波面収差計測

 

第38回日本眼光学学会 第17回眼科ME学会合同学会総会
(浜松 2002年9月14日〜15日)
二宮さゆり,黒田輝仁,前田直之,不二門尚
波面収差測定における、角膜中心値と瞳孔中心値の比較

 

第38回日本眼光学学会 第17回眼科ME学会合同学会総会
(浜松 2002年9月14日〜15日)
広原陽子, 二宮さゆり,黒田輝仁,前田直之,不二門尚
コンタクトレンズ装用時の波面収差への年齢・角膜形状の影響

 

第56回日本臨床眼科学会
(盛岡 2002年9月26〜29日)
前田直之,黒田輝仁,二宮さゆり,西田幸二
渡辺 仁,不二門尚,田野保雄
波面収差と各種視機能検査の関係

 

第56回日本臨床眼科学会
(盛岡 2002年9月26〜29日)
黒田 輝仁、不二門 尚、前田 直之、二宮さゆり、
田野 保雄、大鹿 哲郎、広原 陽子、三橋 俊文
高次収差と前方散乱と後方散乱を用いた
多変量解析による白内障眼の視機能の予測

 

第56回日本臨床眼科学会(平成14年9月28日、盛岡市)
傍中心窩脈絡膜新生血管に対する光凝固と
脈絡膜新生血管抜去の視力予後の比較
二宮欣彦、張野正誉、久保田享、喜田照代、岩橋佳子、薗村有紀子

 

 

2002 American Academy of Ophthalmology
(Orland, 2002.Oct 20-23)
Maeda N., Fujikado T., Kuroda T.,
Ninomiya S., Nishida K., Watanabe H., Tano Y.
Correlations between Wavefront Aberrations and Visual Function Tests

 

第39回日本眼光学学会 第18回眼科ME学会合同学会総会
(大阪 2003年9月)
二宮 さゆり(ランチョンセミナー講師)
波面収差解析の臨床応用

 

第339回大阪眼科集談会
(平成16年4月3日、大阪市)
LASIK既往眼での網膜剥離手術の注意点
二宮欣彦、高田敦子、志賀早苗、長谷川利英、二宮さゆり

 

International Vitreoreinal Symposium(平成15年1月18日、Honolulu, USA)
Breaks in the Ciliary Epithelium in Retinal Detachments Associated with Atopic Dermatitis
after Cataract Surgery
Yoshihiko Ninomiya, MD

 

ARVO Annual meeting (Fort Lauderdale, USA 2003,May 4-9)
Effect of Axes of Measurements on Ocular and Corneal Higher-order Aberrations
in Patients Following LASIK.
A. Takada, N. Maeda, T. Kuroda, S. Ninomiya, T. Fujikado,
Y. Tano, Y.Hirohara, and T. Mihashi

 

第57回日本臨床眼科学会(平成15年11月1日、名古屋市)
通常のアクリルレンズ挿入眼の高次波面収差
高田敦子、二宮欣彦、志賀早苗、黒田輝仁、前田直之、不二門尚、田野保雄、広原陽子、三橋俊文

 

第337回大阪眼科集談会(平成15年12月6日、大阪市)
白内障手術におけるcapsular tension ring (CTR)の適応と合併症対策
二宮欣彦、高田敦子、志賀早苗

 

第339回大阪眼科集談会(平成16年4月3日、大阪市)
LASIK既往眼での網膜剥離手術の注意点
二宮欣彦、高田敦子、志賀早苗、長谷川利英、二宮さゆり

 

第108回日本眼科学会 (東京 2004年4月16日) 
シンポジウム 眼光学と白内障手術 に於けるシンポジスト
オーガナイザ− 大木 孝太郎(大木眼科)
水晶体加齢変化と波面収差  二宮さゆり(大阪大)
白内障手術による眼光学特性の変化  岡本 周子(筑波大)
屈折矯正を目的とした水晶体/IOL手術  ビッセン宮島弘子(東京歯大)
最新のIOLから近未来のIOLまで  大鹿 哲郎(筑波大)

 

American Society of Cataract and Refractive Surgery
(2004年5月3日、San Diego, California, USA)
Spherical aberration induced by the conventional acrylic IOL may be beneficial
for deepening the depth of focus
Y. Ninomiya, N. Maeda, A. Takada et al

 

第19回日本眼内レンズ屈折手術学会
(平成16年6月25日、福岡市)
LASIK既往眼の網膜剥離手術前後の波面収差解析
二宮欣彦、高田敦子、長谷川利英、二宮さゆり

 

3回すだちの会(平成16年7月10日、大阪市)
白内障手術と人工レンズのサイエンス(特別講演)、二宮欣彦

 

第40回日本眼光学学会 第20回眼科ME学会合同学会総会(2004年9月)
Hartmann-Shack波面センサーを用いたTear Film Break−Upの評価
二宮 さゆり、高静花、別所健一郎、大川賀孝、
前田直之、不二門 尚 (大阪大学)
広原陽子、三橋俊文 (トプコン(株))

 

第40回日本眼光学会(平成16年9月11日、横浜市)
正常人における高次収差の経時的変化
竹原敦子、二宮欣彦、志賀早苗、前田直之、不二門尚、田野保雄、
広原陽子、三橋俊文 

 

第343回大阪眼科集談会(平成16年12月11日、大阪市)
シリコンレンズとアクリルレンズの波面収差の比較
二宮欣彦、竹原敦子、志賀早苗、二宮さゆり、前田直之

 

第345回大阪眼科集談会(平成17年4月2日、大阪市)
脱臼・亜脱臼眼内レンズの眼内リサイクルの功罪及び術中の注意点
二宮欣彦、竹原敦子、志賀早苗

 

第44回日本白内障手術学会・第20回日本眼内レンズ屈折矯正手術学会
(2005年6月17-19日)
教育セミナー 「角膜トポグラフィーの読み方、考え方」
座長 前田直之 
講演者:二宮さゆり(大阪大)
:パワーマップの読み方(講師として担当)
稗田 牧(京都府医大)、
大鹿 哲郎(筑波大)、
前田直之(大阪大)

 

第59回日本臨床眼科学会(平成17年10月8日、札幌市)
異なる眼内レンズの高次収差及び近見視力の比較
二宮欣彦、竹原敦子(行岡病院)、二宮さゆり、前田直之(大阪大学)

 

第25回角膜カンファレンス(2005年2月17-19日)、徳島)
瞬目による涙液動態の変化の高次収差への影響
高 静花、前田直之、二宮さゆり、
別所建一郎、堀 裕一、不二門 尚、田野保雄

 

第339回大阪眼科集談会(平成16年4月3日、大阪市)
LASIK既往眼での網膜剥離手術の注意点
二宮欣彦、高田敦子、志賀早苗、長谷川利英、二宮さゆり

 

豊中市眼科医会 学術勉強会(平成17年4月9日、豊中市)
眼内レンズ:最近の話題(特別講演)、二宮欣彦

 

第19回日本眼内レンズ屈折手術学会(平成16年6月25日、福岡市)
LASIK既往眼の網膜剥離手術前後の波面収差解析
二宮欣彦、高田敦子、長谷川利英、二宮さゆり

 

第343回大阪眼科集談会(平成16年12月11日、大阪市)
シリコンレンズとアクリルレンズの波面収差の比較
二宮欣彦、竹原敦子、志賀早苗、二宮さゆり、前田直之

 

第59回日本臨床眼科学会(平成17年10月7日、札幌市)
脱臼・亜脱臼眼内レンズの眼内リサイクルの適応及び術中の注意点
竹原敦子、二宮欣彦、志賀早苗

 

第59回日本臨床眼科学会(平成17年10月8日、札幌市)
異なる眼内レンズの高次収差及び近見視力の比較
二宮欣彦、竹原敦子(行岡病院)、二宮さゆり、前田直之(大阪大学)

 

第350回大阪眼科集談会(平成18年2月4日、大阪市)
網膜硝子体疾患の臨床への波面収差解析の応用
二宮欣彦、竹原敦子、渕端睦、志賀早苗(行岡病院)、
二宮さゆり(伊丹市)

 

第351回大阪眼科集談会(平成18年4月8日、大阪市)
従来型眼内レンズと非球面レンズにおける高次収差の比較 第一報
渕端睦、二宮欣彦、志賀早苗、竹原敦子(行岡病院)、
前田直之(大阪大学)

 

広島大学・山口大学眼科Grand Rounds
(平成20年8月30日、広島市)
特別講演:臨床家からみた波面収差解析
二宮欣彦(行岡病院)

 

第44回日本眼光学学会/第56回日本臨床視覚電気生理学会
(平成20年9月7日、東京)
白内障手術での波面センサーの使い方
二宮欣彦(行岡病院)

 

International Vitreoreinal Symposium(2008年10月10日、Honolulu, USA)
Intraocular reposition of dislocated posterior chamber lens implants
using a viscoadaptive viscoelastic agent and clear corneal incisions.
Yoshihiko Ninomiya, MD

 

第62回日本臨床眼科学会(平成20年10月25日、東京)
異なる眼内レンズにおける球面収差のばらつき
二宮欣彦、渕端睦、小島啓尚、竹原敦子(行岡病院)、
二宮さゆり(伊丹中央眼科)、前田直之(大阪大学)

 

第48回日本白内障学会・第24回日本眼内レンズ屈折手術学会・
第45回日本眼光学学会・22nd APACRS Annual Meeting
(平成21年6月26日、東京)
シリコーン眼内レンズを用いた白内障手術後の眼内レンズ捕獲
二宮欣彦、小島啓尚(行岡病院)、岩崎哲也(いわさき眼科クリニック)、
二宮さゆり(伊丹中央眼科)

 

第48回日本白内障学会・第24回日本眼内レンズ屈折手術学会・
第45回日本眼光学学会・22nd APACRS Annual Meeting
(平成21年6月28日、東京)
教育セミナー「眼科医と視能訓練士のための眼光学セミナー」
眼科臨床における波面センサーの使い方
二宮欣彦(行岡病院)

 

第372回大阪眼科集談会(平成21年10月3日、大阪市)
乱視矯正眼内レンズ(アクリソフIQトーリック)をいち早く導入して
二宮欣彦、小島啓尚、金沢弥生(行岡病院)

 

第33回日本眼科手術学会(平成22年1月22日、東京)
水晶体、眼内レンズの脱臼に対する手術術式の比較
二宮欣彦、小島啓尚、渕端睦、竹原敦子(行岡病院)、
二宮さゆり(伊丹中央眼科)

 

第372回大阪眼科集談会(平成22年4月3日、大阪市)
当科におけるアカントアメーバ角膜炎の治療を通して
小島啓尚、二宮欣彦(行岡病院)、森下清文(森下眼科)

 

第372回大阪眼科集談会(平成22年4月3日、大阪市)
水晶体及び眼内レンズの脱臼に対する手術術式の比較
二宮欣彦、小島啓尚、渕端睦、竹原敦子(行岡病院)

 

第49回日本白内障学会総会/
第25回日本眼内レンズ屈折手術学会総会(平成22年6月26日、大阪市)
波面収差解析を用いた乱視矯正眼内レンズのアライメントの検証
二宮欣彦、小島啓尚、金沢弥生(行岡病院)

 

第20回大阪市眼科研究会(平成22年7月10日、大阪)
特別講演:日頃の臨床で感じたことを一勤務医が学会発表するまで
(眼内レンズの臨床研究を例にとって)
二宮欣彦(行岡病院)

 

第328回関西眼疾患研究会(平成22年8月25日、京都)
病院におけるトーリック眼内レンズの臨床導入と臨床成績
二宮欣彦(行岡病院)

 

第115日本眼科学会総会 イブニングセミナー
(平成23年5月12日、東京)
トーリックIOL「ホップ、ステップ、ジャンプ」
ジャンプ編/トーリックIOL導入後の工夫
二宮欣彦(行岡病院)

 

第382回大阪眼科集談会(平成23年6月4日、大阪市)
よりよい裸眼視力のための白内障手術を目指して
二宮欣彦、小島啓尚、金沢弥生(行岡病院)

 

大阪前眼部手術研究会セミナー〜白内障手術と乱視治療(平成23年8月7日、大阪)
手術成績向上のための考察
二宮欣彦(行岡病院)

 

第65回日本臨床眼科学会(平成23年10月7日、東京)
トーリック眼内レンズによる乱視矯正効果のベクトル解析
二宮欣彦、小島啓尚(行岡病院)、前田直之(大阪大学)

 

眼科手術開業医の会セミナー「新世代の高精度白内障手術」
(平成23年10月8日、東京)
付加価値眼内レンズ
二宮欣彦(行岡病院)

 

NHG Eye Institute 4th International Ophthalmology Congress
(2011年11月10日、Singapore)
Oral Presentation: Senior Category (Top 5 Finalists)
Assessment of Astigmatism Correction in Cataract Surgery with
AcrySof Toric Intraocular Lens by Aberrometer.
Yoshihiko Ninomiya, Naoyuki Maeda

 

American Society of Cataract and Refractive Surgery
(平成24年4月20‐24日、Chicago, Illinois, USA)
Aberrometer/Topographer-guided re-rotation of misaligned toric intraocular lens
Yoshihiko Ninomiya, Mikio Inamura, Naoyuki Maeda

 

第27回日本眼内レンズ屈折手術学会(Japanese Society of Cataract and Refractive Surgery; JSCRS)総会
(平成24年6月15日〜17日、東京)
オートケラトメータのピッチの違いが トーリック眼内レンズの適応や 乱視矯正効果などに及ぼす 影響のシミュレーション
二宮欣彦、小島啓尚(行岡病院)、前田直之(大阪大学)
*ベストペーパー賞受賞

 

第27回日本眼内レンズ屈折手術学会(Japanese Society of Cataract and Refractive Surgery; JSCRS)総会
(平成24年6月15日〜17日、東京)
教育セミナー5 前眼部解析装置の基礎知識 波面収差解析
二宮欣彦(行岡病院)

 

XXX Congress of the European Society of Cataract and Refractive Surgeons
(平成24年9月8‐12日、 Milan, Italy)
Assessment of astigmatism correction in cataract surgery with toric intraocular lens by aberrometer.
Yoshihiko Ninomiya, Naoyuki Maeda

 

第66回日本臨床眼科学会(平成24年10月25〜28日、京都)
波面センサーおよびオートケラトメータの角膜乱視の比較
二宮欣彦、小島啓尚(行岡病院)、前田直之(大阪大学)

 

第66回日本臨床眼科学会(平成24年10月28日、京都)
モーニングセミナー17
近視進行抑制は可能か?
二宮さゆり

 

第28回JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)学術総会(東京、平成25年6月28日)
シンポジウム 4.トーリック眼内レンズの落とし穴
適切な乱視の評価方法
二宮欣彦

 

第28回JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)学術総会(東京、平成25年6月28日)
シンポジウム 8.術後不満足症例から学ぶ多焦点眼内レンズ
後発白内障
二宮欣彦

 

XXXI Congress of the European Society of Cataract and Refractive Surgeons
(平成25年10月5‐9日、Amsterdam, Holland)
Simulation of toric intraocular lens results: the effect of repeatability and increments of automated keratometry.
Yoshihiko Ninomiya, Yayoi Kanazawa, Yoshinao Kojima, Naoyuki Maeda

 

第67回日本臨床眼科学会(平成25年11月2日、横浜)
眼内レンズ強膜内固定術にみられた術後合併症についての考察
二宮欣彦、小島啓尚(行岡病院)

 

第2回 JSCRSウィンターセミナー(平成25年12月1日、東京)
シンポジウム 白内障手術アップデート
トーリックIOLと眼光学 update
二宮欣彦

 

第49回日本眼光学学会
(京都 2013年9月7日)
二宮 さゆり
シンポジウム:近視進行予防のストラテジー コンタクトレンズvs眼鏡
低加入度ソフトコンタクトレンズによる近視進行抑制

 

豊中市眼科手術の会(平成26年2月13日、豊中市)
白内障手術 最近の話題
二宮欣彦

 

World Ophthalmology Congress of the International Council of Ophthalmology
(WOC 2014), XXXIV International Council of Ophthalmology
(平成26年4月2‐6日、Tokyo、Japan)
Precision of Keratometry Measurements with Partial Coherence
Interferometry-Keratometry Device for Toric Intraocular Lens Selection.
Yoshihiko Ninomiya, Yayoi Kanazawa, Yoshinao Kojima, Naoyuki Maeda

 

第399回大阪眼科集談会(平成26年4月12日、大阪市)
Siepser slip-knot techniqueを用いて瞳孔形成術と水晶体再建術を同時施行した2例
渡辺真矢、二宮欣彦

 

豊中市眼科手術の会(平成26年2月13日、豊中市)
白内障手術 最近の話題
二宮欣彦

 

第57回日本コンタクトレンズ学会総会(2014年7月5日)
非球面と球面ソフトコンタクトレンズの装用時における視機能比較
二宮さゆり

 

第29回JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)学術総会(福岡、平成26年7月11日)
インストラクションコース 5.実例から考えるIOL 縫着・強膜内固定とその前処置
二宮欣彦

 

第29回JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)学術総会(福岡、平成26年7月11日)
シンポジウム:多焦点コンタクトレンズ
二宮 さゆり

 

第2回JSCRSサマーセミナー(東京、平成26年8月31日)
屈折矯正手術に関する都市伝説
2.多焦点コンタクトレンズは近視を抑制する
豊中市眼科医会(平成26年10月11日、豊中市)

 

第29回JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)学術総会(福岡、平成26年7月12日)
モーニングセミナー AMO Toric Calculator
二宮欣彦

 

第29回JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)学術総会(福岡、平成26年7月12日)
光学式眼軸長測定装置のオートケラトメーターの再現性とオートレフケラトメーターとの 比較
二宮欣彦、須藤 史子、金沢 弥生、島村 恵美子

 

第401回大阪眼科集談会(平成26年8月2日、大阪市)
眼内レンズ強膜内固定術導入以前の当院における強膜縫着術の長期成績
渡辺真矢、二宮欣彦

 

第2回JSCRSサマーセミナー(平成26年8月31日、東京)
ウェイブフロントアナライザーKR-1W、KR-9000PW
二宮欣彦

 

第50回眼光学学会総会(平成26年9月6日、金沢)
ランチョンセミナー 語るトーリック眼内レンズ!!
トーリック眼内レンズ、多焦点トーリック眼内レンズによる乱視矯正の臨床の実際と これから
二宮欣彦

 

XXXII Congress of the European Society of Cataract and Refractive Surgeons
(平成26年9月13‐17日、London, United Kingdom)
Comparison of corneal power, corneal astigmatism, and axis location obtained from
partial coherence laser interferometer and autokeratometer.
Yoshihiko Ninomiya, Yayoi Kanazawa, Chikako Suto, Emiko Shimamura

 

トーリック眼内レンズセミナー in 大阪(平成26年10月4日、大阪)
AMO Toric Calculator
二宮欣彦

 

豊中市眼科医会(平成26年10月11日、豊中市)
特別講演
「波面収差解析の読み方」
二宮さゆり
「 眼内レンズと白内障手術、最近の話題」
二宮欣彦

 

第68回日本臨床眼科学会(平成26年11月13日〜16日、神戸)
トーリック眼内レンズによる乱視矯正効果の多施設前向き検討
二宮欣彦(行岡病院)、宮田和典、南慶一郎(宮田眼科病院)、
江口秀一郎(江口眼科病院)、大鹿哲郎(筑波大学)

 

第38回日本眼科手術学会(平成27年1月30日〜2月1日、京都)
倒乱視に対しトーリック眼内レンズのスタイルを上げることで乱視矯正効果は
改善するか
渡辺真矢、二宮欣彦(行岡病院)

 

眼科手術 small meeting*(平成27年2月27日、大阪)
TORIC IOL 今、考えていること
二宮欣彦(行岡病院)
*大阪赤十字病院眼科部長 秋元正行先生と二宮欣彦が発起人、世話人となり、
千寿製薬主催により開催された勉強会

 

American Society of Cataract and Refractive Surgery (平成27年4月17‐21日、San Diego、CA、USA)
Comparison of corneal power, corneal astigmatism, and axis location obtained from partial coherence laser interferometer and autokeratometer.
Yoshihiko Ninomiya, Yayoi Kanazawa, Chikako Suto, Emiko Shimamura

 

第30回JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)学術総会(平成27年6月19−21日、東京)
インストラクションコース 5.実例から考えるIOL 縫着・強膜内固定:術式選択と術中の
工夫
二宮欣彦

 

豊中市眼科手術の会(平成27年8月1日、大阪市)
眼内レンズ強膜縫着術と強膜内固定術 特に強膜内固定術の工夫と術式
二宮欣彦

 

第3回JSCRSサマーセミナー(平成27年8月30日、東京)
倒乱視の人は過矯正にすべきか?
二宮欣彦

 

第69回日本臨床眼科学会(平成27年10月22日〜25日、名古屋)
ローパワー倒乱視群での2社のトーリックカリキュレーターとノモグラムの比較
二宮欣彦、渡辺真矢、村口金沢弥生(行岡病院)

 

第4回JSCRSウィンターセミナー(平成27年12月12-13日、東京)
症例検討夜会 「あなたならどうする」
最も起きて欲しくないことが起きたとき
二宮欣彦

 

第4回JSCRSウィンターセミナー(平成27年12月12-13日、東京)
Wエタニティーってそんなにいいの!?W
エタニティー、どんなときに重宝しているのか?
二宮欣彦

 

第39回日本眼科手術学会(平成28年1月29日〜31日、福岡)
トーリック眼内レンズのミスアライメント症例の傾向と対策
二宮欣彦、渡辺真矢(行岡病院)

 

第39回日本眼科手術学会(平成28年1月29日〜31日、福岡)
インストラクションコース これから始める眼内レンズ強膜内固定術
二宮欣彦(行岡病院)、太田俊彦(順天大・静岡)、西村栄一(昭和大・藤が丘)、松崎有修(順天大・静岡)

 

眼科手術 small meeting*(平成28年2月26日、大阪)
SUPRACHOROIDAL HEMORRHAGE
二宮欣彦(行岡病院)
*大阪赤十字病院眼科部長 秋元正行先生と二宮欣彦が発起人、世話人となり、
千寿製薬主催により開催された勉強会

 

平成27年度学術講演会(第6回、大阪府眼科医会)(平成28年2月27日、大阪)
眼内レンズ(IOL)の選択(眼とIOLの光学的特性の評価など)
二宮欣彦

 

クオリティー眼内レンズセミナー(平成28年2月27日、大阪)
トーリックレンズの A to Z
二宮欣彦

 

第31回JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)学術総会(平成28年6月24−26日、京都)
インストラクションコース 3.みんなで考える白内障手術 〜実例から考えるIOL縫着・強膜内固定 術式選択と術中の工夫
IOLの偏位の評価
二宮欣彦

 

第31回JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)学術総会(平成28年6月24−26日、京都)
「匠」ビデオ
トーリック眼内レンズの匠を目指して(学術と臨床の継続と工夫)
二宮欣彦、渕端睦、渡辺真矢、小島啓尚、村口弥生

 

第31回JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)学術総会(平成28年6月24−26日、京都)視能訓練士プログラム 視力屈折検査の極意を知ろう!
オートレフケラト、波面センサーの活用
小松原麻紀、二宮欣彦、渡辺真矢

 

フォーサム東京2016
モーニングセミナー 
「加入度で違う、遠近両用コンタクトレンズの見え方を解説します(眼光学の視点から)」
二宮さゆり

 

フォーサム東京2016
シンポジウム
近視抑制は可能か?−近視抑制の現在と未来−
オーガナイザー: 坪田 一男(慶應大) 大野 京子(医科歯科大)
「多焦点コンタクトレンズを用いた近視抑制治療の臨床的可能性」
二宮さゆり

 

参天製薬社内研修講義 (平成29年1月19日、神戸)
第一部:波面収差解析と涙液
第二部:波面収差解析と老視
二宮さゆり

 

第31回JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)学術総会(平成28年6月24−26日、京都)
「匠」ビデオ
トーリック眼内レンズの匠を目指して(学術と臨床の継続と工夫)
二宮欣彦、渕端睦、渡辺真矢、小島啓尚、村口弥生

 

第31回JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)学術総会(平成28年6月24−26日、京都)視能訓練士プログラム 視力屈折検査の極意を知ろう!
オートレフケラト、波面センサーの活用
小松原麻紀、二宮欣彦、渡辺真矢

 

第414回 大阪眼科集談会(平成28年9月24日、大阪市)
精神科疾患を有する患者に対する白内障手術について当科の経験から
渕端 睦、二宮欣彦

 

American Academy of Ophthalmology (平成28年10月15‐18日、Chicago、IL、USA)
Effect of misalignment and aberrometer/topographer-guided realignment of toric intraocular lens on refractive outcomes
Yoshihiko Ninomiya, Mikio Inamura, Nakako Ikai, Yayoi Muraguchi, Naoyuki Maeda

 

第70回日本臨床眼科学会(平成28年11月3日〜6日、京都)
トーリック眼内レンズのミスアライメントと波面センサーを用いたリアライメント
二宮 欣彦、稲村 幹夫、猪飼 央子、村口 弥生、前田 直之
βの会(平成28年11月11日、横浜)

 

特別講演 「工学部出身者から見た臨床眼科学」
二宮欣彦

 

第5回JSCRSウィンターセミナー(平成28年12月10-11日、東京)
症例検討夜会 「あなたならどうする」
精神科疾患を有する患者さんのvisionを守る

 

二宮欣彦
第40回日本眼科手術学会(平成29年1月27日〜29日、東京)
CALLISTOR eyeと虹彩紋理法のトーリック眼内レンズの乱視矯正効果の比較
二宮欣彦、渡辺真矢、渕端睦、村口弥生

 

第121回日本眼科学会総会(平成29年4月6日〜9日、東京)
サブスペシャリティサンデー 10 視機能:検査と治療の今後の展望
波面センサー
二宮欣彦

 

American Society of Cataract and Refractive Surgery (平成29年5月5‐9日、Los Angels、CA、USA)
Comparison of Precision in Astigmatism Correction with Toric Intraocular Lenses Between Automated Recognition System and Iris Pattern Marking Method.
Yoshihiko Ninomiya, Shinya Watanabe, Mutsumi Fuchihata

 

第32回JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)学術総会(平成29年6月23−25日、福岡)
インストラクションコース 7.みんなで考える白内障手術 〜実例から考えるIOL縫着・強膜内固定 術式選択と術中の工夫
強膜内固定におけるIOLの偏位の原因と対策
二宮欣彦

 

第32回JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)学術総会(平成29年6月23−25日、福岡)
インストラクションコース 11.みんなで考える白内障手術 〜QOVにこだわろう
二宮欣彦

 

第32回JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)学術総会(平成29年6月23−25日、福岡)
JSCRSプラクティス8 トーリック
トーリック眼内レンズの適応
二宮欣彦

 

第32回JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)学術総会(平成29年6月23−25日、福岡)
Zeiss 白内障手術アップデート
Zeiss Cataract Suite アップデート
二宮欣彦

 

Refractive Surgery Update Seminar 2017 in Kyoto(平成29年7月22日、京都)
教育セミナー 屈折矯正的白内障手術
1.トーリック計算
二宮欣彦

 

第419回大阪眼科集談会(平成29年8月5日、大阪)
前眼部OCT(CASIA2TM)を用いた白内障手術後の眼内レンズの位置予測
渕端 睦、二宮欣彦、村口弥生(行岡病院)

 

第53回日本眼光学学会総会(平成29年9月2-3日、東京)
前眼部OCT(CASIA2TM)を用いた白内障手術後の眼内レンズの位置予測
渕端 睦、二宮欣彦、村口弥生(行岡病院)

 

2017眼光学学会(2017年9月3日、東京 ソラシティーカンファレンスセンター)
ランチョンセミナー
(株)メニコン共催
「眼光学にこだわったコンタクトレンズ」
演題2 眼光学にこだわった遠近両用コンタクトレンズ
二宮さゆり

 

第71回日本臨床眼科学会(平成29年10月12日〜15日、東京)
シンポジウム14「屈折矯正手術としての白内障手術」
角膜収差の評価と補正
二宮 欣彦

 

The 21st IRSJ (International Refractive Society of Japan)、第17回眼科臨床機器研究会合同セミナー(平成29年10月21日、横浜)
白内障手術における、視能訓練士、眼科スタッフ、紹介医との連携
二宮 欣彦

 

2017臨床眼科学会 (2017年10月13日 東京国際フォーラム)
イブニングセミナー
逆発想の新素材コンタクトレンズ 
アクアロックスへの期待
ボシュロム(株)共催
「ボシュロム アクアロックスの臨床経験」
〜光学的見地からの検討〜
二宮さゆり

 

福岡県高度医療機器管理継続的研修(2017年11月23日)
「遠近両用コンタクトレンズの視機能」
二宮さゆり

 

 

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ