伊丹中央眼科

設備・機器

設備・機器など

 

ウエーブフロントアナライザー(波面収差解析装置・角膜形状解析装置)
KR-1W

 

sayuri

 

トプコンウェーブフロントアナライザーKR-1W は、従来のレフラクトメータ/ ケラトメータに加え、ハルトマン- シャックセンサーにより得られる眼球収差情報と、トポグラファーの機能より得られる角膜収差情報により、円錐角膜などの角膜疾患、不正乱視の精査と原因の精査、初期白内障の光の散乱(眩しさ)など、屈折異常を詳細に評価することができます。患者さまの自覚的な見え方をシミュレーションすることも出来ます。眼内レンズ選択時のサポート、明所・暗所での瞳孔径解析などに有用なデータを精査する、多機能型屈折検眼装置です。

 

Swept Source OCT Triton(光干渉断層計)
topcon 3次元眼底像撮影装置 3D OCT-2000 FA

 

設備・機器
近赤外線を透明な水晶体を通して網膜に当て、超音波診断装置のように眼の中を見ます。近赤外線は当たる組織によって時間的な遅れが出たり強さが異なって反射して戻ってくるため、これを干渉させることで断層像が得られます。画像上では反射光が強い所が赤、弱い所が青で表されます。
光(近赤外線)は超音波よりも波長が短いので、その分、5−10倍ぐらい分解能が高く、現在5〜6μm(1μmは1000分の1mm)の判別が可能です。
網膜疾患の診断に利用できる他、緑内障では神経網膜層の菲薄化や、隅角の形状をチェックするこどが出来ます。当院のSwept Source OCT Tritonは最新式のOCTで、得られた像を3D表現したり、高精細な網膜各層のen-Face画像ことも可能です。

 

マルチカラースキャンレーザー光凝固装置 MC-500 Vixi
パターンレーザー装置

 

白内障手術装置(インフィニティRビジョンシステム)

 

非接触式眼圧計

 

オートレフ・ケラトメーター(屈折・角膜曲率計)

 

ミラクルチャート(視力検査)

 

スペキュラーマイクロスコープ(角膜内皮撮影・角膜厚測定)

 

コンピューターレンズメーター(眼鏡度数解析)

 

無散瞳眼底カメラ

 

Hess試験(眼球の動きの異常をチェック)

 

ハンフリー静的視野計

 

イメージネット(診療データのデジタルファイリング装置)

 

 

FA(蛍光眼底検査)

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ