伊丹中央眼科

診療内容

診療内容

最新機器の導入も積極的に行い、良質な医療を提供すべくスタッフ一同努力しております。緑内障、屈折異常、結膜炎、角膜感染症などの一般眼科外来に加え、日帰り手術(白内障手術、網膜硝子体手術)を行っております。

 

当院での白内障手術について

 

当院で白内障手術を担当しております二宮欣彦は、大阪市内の中核病院「行岡病院」の眼科部長です。当院、行岡病院及び他の施設で、年間900眼以上(通算15000眼以上)の手術を執刀しております。

 

 最近では日帰り白内障手術を行う眼科クリニックも増えており、白内障手術は随分身近な手術に感じられるようになりました。手術術式や手術器械の発達により、驚くほどスムーズになった白内障手術ですが、手術は手術、誰が担当しても同じという訳ではありません。

 

 当院の術者は現役の病院勤務眼科部長として、白内障手術のみならず、網膜・硝子体手術(網膜剥離、糖尿病や高血圧から起こる眼底疾患に対する硝子体手術)、眼内レンズの2次縫着、緑内障手術など、病院の眼科部長として、普段よりクリニックレベルでは対応できないような種々の難治症例に対応できる技術を持っております。その技術により、やしきたかじんさんの白内障手術も担当致しました。多焦点眼内レンズ(現在は保険外診療)などの付加価値レンズも取り扱っております。そして手術のみならず、平素より学会発表や依頼講演なども積極的に行っております。

 

 手術前検査には、眼内に挿入する眼内レンズの度数決定に重要な要素である眼軸長測定(眼球の長さ)に、最新のIOLマスターというレーザー干渉計を用いた測定技法も用い、狙い度数の眼内レンズ選択に細心の注意を払っております。

 

 また、当クリニックは短期滞在手術管理の施設基準を満たしており、麻酔科医(厚生労働省の定める麻酔標榜医、麻酔の専門医のこと)が手術につくことで、手術中の血圧や疼痛などの管理を行っております。

 

 病院レベルの治療を、クリニックで身近に提供して参ります。どうぞご安心してご相談下さい。

 

<手術関連機器>

 

NIDEK社 CV-24000 :超音波白内障・網膜硝子体手術装置

 

ALCON社:2000LEGACY:超音波白内障装置

 

NIDEK社 CV-12000:超音波白内障装置

 

カールツアイス手術顕微鏡

 

IOLマスター:レーザー干渉眼軸長測定装置

 

日本光電:BSM-2353:術中モニター(心電図・心拍数・血圧・SpO2・呼吸数)

 


ホーム RSS購読 サイトマップ