医師・スタッフ紹介

院長ごあいさつ(二宮さゆり)

医学の進歩は日進月歩。常に知識をアップデートし、患者様の診療や治療にあたるよう心がけております。

診療について

 患者様がもし自分自身の家族であったら、どういう治療を選択するだろうか、、、という気持ちを常に持ちながら診療に努めております。最良の医療を提供できるよう、知識や技術の研鑽を積むのは勿論のこと、最新機器の導入も積極的に行い、良質な医療を提供すべくスタッフ一同努力しております。
 緑内障、屈折異常、結膜炎、角膜感染症などの一般眼科外来に加え、日帰り手術(白内障手術、網膜硝子体手術)、オルソケラトロジーや低濃度アトロピン点眼を用いた近視進行抑制治療も積極的に行っております。
 月曜日、火曜日の午前中など込み合いがちな時間帯では、おひとりおひとりに十分時間が取れないこともありますが、木曜・金曜には割と空いている時間帯も?是非ご利用下さいませ。

医師

院長
二宮さゆり(にのみや さゆり)旧姓:黒田

学歴
S59年 神戸女学院高等学部 卒業
H 3 年 大阪大学医学部 卒業
H17年 大阪大学大学院 医学系研究科未来医療開発専攻 感覚機能形成学 卒業 (博士論文:Comparison of ocular higher-order aberrations and visual performance between photorefractive keratectomy and laser in situ keratomileusis for myopia 「近視矯正手術としてのPRKとLASIKが波面収差と視機能に及ぼす影響の比較

資格
麻酔科標榜医
眼科専門医
医学博士

勤務経験先
大阪大学医学部附属病院 麻酔科 研修医
大阪府立病院(現:急性期総合医療センター)麻酔科・ ICU 常勤医
多根記念眼科病院 眼科 常勤医
住友病院 眼科 常勤医
米国ニュージャージー州立医科歯科大学 眼科研究員
大阪大学眼科学教室 
西宮市立中央病院 眼科 非常勤医 大
阪船員保険病院 眼科 非常勤医
宝塚第一病院 眼科 非常勤医
関西労災病院 眼科 非常勤医

専門領域
近視抑制治療 、眼精疲労、角膜疾患、
ドライアイ、マイボーム線機能不全

日本眼科学会 会員
日本眼光学学会 会員
日本コンタクトレンズ学会 会員
日本近視学会 会員
副院長
二宮欣彦(にのみや よしひこ)

学歴
S58年 開成高校 卒業
S58年 東京大学理科一類 入学
S63年 東京大学工学部 精密機械工学科 医用精密工学講座専攻 卒業
S63年 大阪大学 医学部 学士入学
H4年 大阪大学 医学部 卒業

資格
医学士
工学士
日本眼科学会認定 眼科専門医
ECFMG (Educational Commission for Foreign Medical Graduates) Certificate
(外国人医師のための、アメリカにおける医師免許 取得)
PDT(加齢黄斑変性に対する光線力学療法)認定医

勤務経験先
大阪大学医学部附属病院 眼科
多根記念眼科病院 眼科
関西労災病院 眼科
国立大阪病院 眼科(現:国立病院機構 大阪医療センター)
米国ニュージャージー医科歯科大学 眼科研究員
淀川キリスト教病院 眼科

現職
行岡病院 副院長・眼科部長
大阪大学脳神経感覚器外科学(眼科学)臨床教授

専門領域
網膜硝子体疾患、白内障手術、緑内障

会員
日本眼科学会 会員
日本眼科手術学会 会員
日本網膜硝子体学会 会員
日本白内障・屈折矯正手術学会 会員
American Society of Cataract and Refractive Surgery 会員
医師
西信裕美子(さいしん ゆみこ)

学歴
平成 5年 和歌山県立医大 卒業
平成15年 大阪大学大学院 医学系研究科 感覚器外科学(眼科学)卒業

資格
医学博士
眼科専門医

勤務経験先
多根記念眼科病院 (現在も非常勤)
八尾市立病院眼科
応援医師
学会などで常勤医不在の場合は、病院や他院で診療をされている眼科専門医に応援をお願いしています。
スタッフ
常勤医師  3名
非常勤医師 2名
看護師   2名
視能訓練士 2名
眼科コメディカル・事務 7名